ABOUT会社概要・沿革

COMPANY会社概要

会社名 株式会社ジャパン・フラワー・コーポレーション
本社所在地 〒939-0402 富山県射水市流通センター水戸田 2-3-1room

GOOGLE MAP

代表 代表取締役社長 松村 吉章
設立 1996年3月
資本金 5,000万円
決算期 6月
アソシエイト数 210名 (パート社員含む)
事業内容 フラワーショップチェーン事業、フラワースクール事業、ブライダル事業、法人事業、コンサルタント事業、物流事業、夢や事業、地域創生事業、仏花の会 他
グループ企業 クリエイティブ・フラワー・コーポレーション株式会社
株式会社アジア・フラワー・コーポレーション
ジャパンフラワーグループ株式会社
ジャパン・フラワー・マネジメント株式会社
有限会社万華苑

Business outline事業内容

1.事業概要

富山県を拠点とし、石川県・福井県・関東・関西にも展開する県内トップの花き流通業者である。ベトナムにも現地法人を有し、当地で花き・食料品の栽培及び販売を行う。
市場から仕入れた花き・自社生産した花卉を法人・個人向けに販売している他、生花教室・生花装飾にかかるコンサルタント事業まで、国内外で「花き」にかかるトータル商品・サービスを展開している。

2.コンサルティング実績

2010年以降、クリエイティブ阪急のフラワー部門、ワッツの生花販売事業、ニチレイの花事業、
バラ専門店ローズギャラリーと、いずれも、花流通のプロフェッショナルとして
コンサルティング通じてさまざまなソリューションを提供してきた。
数多くの花業界の事業再編、事業再生にかかわり、リポジション戦略を用いて基づきブランディングに成功に導いてきた。

手掛けた4件の全てを初年度から黒字化させており、再生ノウハウには自信を持っている。
企業再生のキーポイント は、相手先企業のイメージを毀損することなく、ブランドを活かすこと・従業員を大切にすることで あるとし、
企業文化、コーポレートカルチャーを大事にしつつも、組織を活性化させている。

段階的に収益改善のコンサルティングの相談も多く、ニーズに合わせたソリューションを提供している。
大手資本からの水面下での相談が増えており、グループの経営ノウハウに即した実践・実績のある、
ナレッジをベースにワンストップにて経営改善のソリューションを提供する、コンサルティン グ部門を強化していっている。

主なコンサルティング実績

1. ヤオコーのバックシステム構築と花事業黒字化の為、経営改善コンサルティング
2. 東急フローラの経営改善コンサルティング、新ブランド構築、コンセプトワークコンサルティング
3. 伊藤忠商事・ローズギャラリーの経営改善コンサルティング
4. 大手食品メーカー、新規事業組み立て R&D コンサルティング
5. 上場企業新マーケットチャネル開発のため研究開発、R&Dコンサルティング

主なコンサルティング先

伊藤忠商事グループ
株式会社レリアン
株式会社東急ストア
株式会社ヤオコー
株式会社花企画
株式会社クリエイティブ阪急
株式会社ニチレイ
ドトールグループ
株式会社マグナ
株式会社ワッツ
イセ食品グループ
氷見市 植物園
クリエイティブ・フラワー・コーポレーション株式会社
株式会社ジャパン・フラワー・グループ
有限会社ニュー山文研究所
ほか多数

3.掲載メディア

  • FMとやま
  • 「花まつ」テレビCM

    花文化創造企業「花まつ」テレビCM

4.受賞履歴

「ハイ・サービス日本 300 選」受賞

2010年3月、生花業界の流通システム改革を実現し、
需要拡大と業務効率化を両立した ことにより、第 9 回「ハイ・サービス日本 300 選」を受賞。

バックシステムの導入による 作業の集約化、作業効率の向上を果たすなど、
サプライチェーンの構築により従来は重要視されていなかった一般家庭の需要に向けた高品質、低価格のサービスを提供していること、
また海外からの直 輸入によるコスト削減など流通改革にも取組んでいることが評価された。

※「ハイ・サービス日本 300 選」は、イノベーションや生産性向上に役立つ先進的な取り組み(ベ ストプラクティス)を行っている
企業・団体を表彰・公表することで企業・団体の一層の取り組みを 喚起し、
優良事例を広く普及・共有することで、サービス産業全体のイノベーションや生産性向上を 促進することを目的としている。
経済産業省委託事業でサービス生産性協議会が選定。

「はばたく中小企業・小規模事業者 300 社」に選定

2016年5月、中小企業庁による「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定され、
経済産業省・中小企業庁本館にて授賞式が行われた。

この賞は、革新的な製品開発やサービス創造、 地域貢献・地域経済の活性化、海外での積極的な販路展開等による国際競争力強化、人材活用に取り 組む、
独自の技術・サービスで伸びる取組を行うなど様々な分野で活躍している中小企業・小規模事 業者から選定されたものである。

花ビジネスを中心にベトナムとの強力な連携体制を構築を 行っている点、若手・女性の人材活用や地域での雇用創出に貢献している点、
花に関する一貫したビ ジネスモデルを国内外に展開している点などが評価。

「合掌茅入り培養土」が平成 26 年度「明日のとやまブランド」に選定

世界遺産「五箇山」の合掌造りの屋根に使われた「茅(かや)」を堆肥化して使用した「合掌茅入り培 養土」を 2014 年 3 月より販売し、
平成 26 年度の「明日のとやまブランド」に選定。

HISTORY沿革

  • 1874年

    山文青果市場として創業

    1990年

    (有)山文生花市場の小売部門として業務開始

    1992年

    アルビス中川店を直営化(直営1号店)

    1993年

    タピス福岡店を直営化

    1994年

    三幸氷見店、グリーンモール山室店、大阪屋粟島店オープン

    1995年

    ハイトマト経堂店オープン

    1996年

    (有)山文生花市場の生花部門を独立し、ジャパン・フラワー・コーポレーション(有)を設立
    サンキュウ新富店オープン

    1997年

    フラワースクール事業部を新設
    リーフランド21姫野店、チューリップ歌の森店、ヴァローレ店、グリーンバレー店、他7店オープン

    1998年

    太閤山パスコ店、大阪屋本郷店、他6店オープン

    1999年

    アリス五福店、万葉店、大阪屋赤田店、コープ富山山室店、大阪屋魚津店オープン

    2000年

    ワイプラザ店、他6店オープン

    2002年

    石川県内灘店オープンにより、全50店舗

    2003年

    エール滑川店、栄町店、ジャスコ江尻店、他3店オープン

    2004年

    大島店、武生楽市店、グリーンプラザ山室店、他5店舗オープン

  • 2005年

    サンコー野村店、他3店舗オープン

    2006年

    福田店、福井県セリオ南、呉羽本郷店の5店舗オープン
    農業部門・ブライダル部門設立

    2008年

    大阪屋滑川店、新鮮市場立山インター店、マックスバリュー東金沢店、イオンかほく店他5店オープン

    2009年

    関東地区に初出店

    2010年

    株式会社クリエイティブ阪急から花き部門譲渡を受け、クリエイティブ・フラワー・コーポレーション株式会社設立
    ベトナムにて株式会社アジア・フラワー・コーポレーションを設立
    ハイ・サービス日本300選を受賞

    2011年

    HSブランド誕生

    2013年

    とやまエコ・ストア制度登録店舗に認定
    五箇山プロジェクト(合掌の森プロジェクト)に協力
    富山県の経営革新計画の了承を受ける

    2016年

    はばたく中小企業受賞

    2018年

    株式会社レリアンから事業の譲渡を受け、株式会社ジャパンフラワーグループを設立

    2019年

    ローズギャラリー富山大和店オープン